【旅行記】国家熱帯雨林公園を訪れ、海南島西線の風景を味わう

【旅行記】国家熱帯雨林公園を訪れ、海南島西線の風景を味わう

時間: 2022        場所: 海南


1667363260407048789.jpg

 

   海南熱帯雨林国家公園は海南島中部に位置し、五指山、瓊中、白沙、東方、昌江など9市・県に及び、覇王嶺、五指山、黎母山、吊羅山、ダルオ嶺、尖峰嶺、毛瑞などの熱帯雨林地域をカバーする。この山林には、リー族、ミャオ族を代表とする熱帯雨林民族が住んでいる。彼らは熱帯雨林を守る原始住民であり、独特な海南熱帯雨林民族文化を創造した。今回は「国家公園に入り、熱帯雨林を訪ねる」をテーマにした采風団に同行し、昌江と東方を訪れ、両地の熱帯雨林の自然と人文の発展状況を深く理解した。またここの種は極めて豊富で、海南テナガザル、海南ソテツなどの珍しい動植物だけでなく、高濃度の負の酸素イオンも豊富に含まれている。

 

 

Day 1 昌江県

 

01 覇王嶺

 

1669089042353071072.jpg

1667363328587027740.jpg

    海南テナガザルは海南島固有の動物で、国家一級保護動物でもあり、世界的に絶滅の危機に瀕している霊長類でもある。現在は海南熱帯雨林国家公園・覇王嶺地区にのみ生息している。厳格な生態保護と修復を経て、海南テナガザルは1980年代の2群7-9頭から現在の5群35頭にまで増加した。

 

02南堯河「十里画廊」

 

1667363706763016070.jpg

1667363769986049702.jpg

1667363858398087442.jpg


    南堯河は覇王嶺の南にある王下郷の境内にあり、皇帝洞の北200メートルに位置し、牙迫村から西に向かう。南堯河岸の風景は絵のようで、地元の人々は「十里画廊」と呼んでいる。

 

03 皇帝洞


1667363990787033527.jpg

1667364066251046991.jpg

1667364132363087771.jpg

1667364196474000170.jpg


    皇帝洞は王下郷牙迫村五勤嶺の下に位置し、石灰岩の洞窟に属する。新石器時代の洞窟遺跡で、洞からは新時代から秦漢時代の文物が出土している。

 

1667364306498061523.jpg


    山道に沿って,洞穴の入り口まで登った。狭い穴から入ってみると、驚きの風景が広がっていた。皇帝洞の内部は巨大で、道は曲がりくねっている。洞窟の入り口から差し込む光の中に、様々な鍾乳石がぼんやりと見え、カルスト地形を呈していた。

 

Day 2 昌江県

 

「黎花三里」と出会う

 

    王下郷は昌江黎族自治県に位置し、海南省覇王嶺国家森林公園の奥地に位置し、「中国第一黎郷」と称される。王下郷「黎花里」文旅の小さな町は、3つの異なるスタイルの黎族の村で構成され、異なるテーマの黎村の文化を示している。


01 黎花一里——「詩里画里」三派村


1667370777329021469.jpg


    部屋の壁の黎族風情の壁画は,1枚1枚の生き生きとした絵巻物が黎族人民の日常生活を表している。


1667371272958097529.jpg


 

    ここに住んで、まるで黎族文化博物館に身を置くように。



1667371376838044539.jpg


    黎陶、黎錦、酒、耕作、水遊び……これらは王下郷の人々の生活の一端であり、王下郷の村民が生活の自由、家庭の平和、豊作を喜ぶ様子を表している。

 

02 黎花二里——「時光里」洪水村

 

1667371499951007494.jpg

1667371598214083691.jpg

1667371710427032384.jpg

    ここは最後のリー族部族と呼ばれ、熱帯雨林の奥深くに隠れた桃源郷である。洪水村のわらぶきの家は古代リー族住宅の建設技術を保持しており、リー族文化の生きた化石である。海南島で最も完全に保存されている船型の部屋、「金」字形のわらぶきの家の部落である。錦織り、籐編み、牛革のいす、酒造り、黎族文化の各種の記憶はすべてここで見つけることができる。

 

 

    浪論村には多くの特色ある民宿が集まった。ここはまたキャンプの理想的な場所で、キャンプが好きな観光客の友達は地元のキャンプ地のテントを予約することができる。

 

 03 黎花三里——「酒里歌里」浪論村

 

1667371824028029781.jpg

1667371924308033889.jpg

1667372039061062746.jpg


    浪論村には多くの特色ある民宿が集まった。ここはまたキャンプの理想的な場所で、キャンプが好きな観光客は地元のキャンプ地のテントを予約することができます。

 

 

 

黎山麓のキャンプ場

 

1667450961309029715.jpg

1667450989571085160.jpg



    住所:海南省昌江リー族自治県007郷道洪水村民委員会西へ100メートル

 

Day 3 東方市

 

 

 

01 黄花梨山荘

 

 

1667372368183014217.jpg

1667372466014002660.jpg

1667372585817000475.jpg


    東方市東河鎮金炳村にある黄花梨山荘には24万本の黄花梨がある。山荘はインターネット、ブロックチェーン、ビッグデータなどの新技術を活用し、伝統的な林業の革新的な発展を可能にしている。現在、园区内には「黄花梨民宿」、「梨下レストラン」、「萌寵楽園」、「花梨研学キャンプ」など多様な融合業態がある。黄花梨が好きな観光客はまたここで「一本の木を引き取る」ことを通じて、林木不働産に投資することができる。

 

02 俄賢嶺、娥娘洞

 

1667372797687008414.jpg

1667372878229065497.jpg

1667372949792076521.jpg

1667373039124009641.jpg

1667373170071029311.jpg

1667373258364005601.jpg

1667373329623043326.jpg

1667373388250089625.jpg

 

    俄賢嶺の風景が美しい、ここは千年の古榕林があって、また熱帯雨林の種々の奇観を見ることができます。俄賢嶺上の娥娘洞は天然の大きなドリップストーン洞窟で、億万年前に形成された。娥娘洞の道は曲がりくねって奥深い。

 

03 東方の小桂林

 

1667373502359078454.jpg

1667373592568085685.jpg


1667373677399009267.jpg

    娥娘洞を出て、車を運転して「東方の小桂林」と呼ばれる観光地に行くと、視界が突然開けられたようで、まるで巨大な山水画の中にいるように。


宿泊の推薦:黄花梨山荘民宿-「花梨居」


1667451338698043326.jpg

1667451362242097136.jpg


    住所:海南省東方市東河鎮金炳村


    原文の著者/張旭敏


返回顶部
Copyright Department of Tourism, Culture, Radio, Television and Sports of Hainan Province