日の·January / 8

天気 19℃~24℃

海岸線から、海南の海景を満喫!

海岸線から、海南の海景を満喫!

時間: 2021        場所: 海南


海南は1900キロ余りの形態が様々で、風景が美しい海岸域があります。これらの海岸域には、生態資源、観光資源、文化資源が豊富なだけでなく、島民が代々住んできた美しい故郷でもあります。海南省は将来的に前湾、海棠湾、亜龍湾、楡林湾、後水湾、峨蔓-魚骨湾など19の「美しい湾」の先行モデル区を作る予定です。

微信图片_20210901175504.jpg

陵水リー族自治県富力湾

4つの異なる海岸線

海岸といえば、多くの人が真っ先に思い浮かべるのは、平坦で広々とした砂浜で、きめ細かくて綺麗な砂ですが、これは海岸の風貌の一つです。海南大学海洋学院の名誉学長の張本さんによると、地質、地形、生態、成因などの要素によって、海南島海岸の風貌を四つのタイプに分けられます。即ち、岩石海岸、砂浜海岸、干潟海岸と生物海岸です。これから、海南の海岸線の風景を一緒に調べましょ。

微信图片_20210901175514.jpg

三亜市亜龍湾

岩石海岸は磯浜海岸とも呼ばれ、海南島東南部の三亜と陵水の一部の海岸を代表としています。岩石は波の侵食作用によって形成された地形で、地勢が急で、海岸線が蛇行し、水流が急であることが特徴です。岩石海岸のより典型的な風景は、崖に対する波の衝突です。

微信图片_20210901175522.jpg

棋子湾の夫婦石

砂浜海岸は物質が堆積した海岸とも呼ばれ、海南島東部の文昌、瓊海、万寧、三亜の海岸や、海南島西部東方市、昌江県、儋州市、臨高県の海岸を代表としています。その特徴は、泥や礫など細流または粉砕された物質が堆積を主として、砂浜が狭いことです。

干潟海岸は平野海岸とも呼ばれ、南渡江、昌化江など主要河川の河口デルタを代表としています。海岸線はまっすぐで、地形は平らです。

微信图片_20210901181630.jpg

海口市東海港のマングローブ林

生物海岸には、主にサンゴ礁の海岸とマングローブの海岸が含まれます。海南島には多くのサンゴ礁海岸があり、三亜国立サンゴ礁自然保護区が最も典型的です。マングローブ海岸は、マングローブ植物と泥だらけのビーチの組み合わせです。海南島の主要な河川の河口には、マングローブ海岸ほぼすべてのマングローブ海岸があります。海南島の主要な河川の河口には、マングローブ海岸がほとんどがあり、海口市東寨港国立マングローブ林自然保護区が最も典型的です。サンゴ礁海岸もマングローブ海岸も熱帯海岸の特徴を持っています。

微信图片_20210901175524.jpg

棋子湾の景観

異なる海岸の形成にはさまざまな理由があります。张本さんによると岩石海岸は主に地質構造運動と波の衝撃によって形成されています。砂浜海岸は平野から海岸に運ばれる物質の蓄積と、波や風によって変形して蓄積されることによって形成されます。干潟海岸は主に川から海に運ばれた多くの細い粒の土砂が海流と波の影響で堆積したものであります。

また、海南島の各海岸域に比べて、砂が細く色白なものもあれば、砂が太く色が濃いものもあります。張ベン氏は、これは元の堆積物の太さ、色、波と侵食の程度に関係していると説明しました。たとえば、マングローブの海岸は腐植土やその他の基質が豊富であるため、ビーチの色はどんどん暗くなります。

微信图片_20210901181633.jpg

儋州峨蔓湾の赤い崖壁

海岸線の風景

海湾は、人々が海を一望できる主要な場所です。調査によると、全島の現在の港湾は68ヶ所で、その中には亜龍湾(ヤロン ベイ)、海棠湾(ハイタン ベイ)、石梅湾(シーメイ ベイ)、ボアオベイ、月亮湾、清水湾などの有名な観光スポットが含まれています。

きらめくラグーン(潟湖)もとても魅力的です。海南省の海岸域には、11の沿岸ラグーン、8つの淡水化ラグーン、7つの塩水ラグーンを含む26のラグーンがあります。東寨港ラグーンは海南で最大のラグーンで、約56平方キロメートルの面積をカバーしています。

 「自然が画家であるならば、岬はその傑作なんです。」海南省の海岸域には、木蘭頭、抱虎角、銅鼓角、大花角、鹿回頭角、南山角、魚鱗洲、臨高角など、22の主要な岬があります。文昌市木蘭頭は海南最北の岬で、海水の流速が世界第二位の「急水門」として知られている。文昌市の銅鼓角は、海南島の東端にある有名な岬です。明け方に海南島に射し込む最初の太陽の光が見えます。

微信图片_20210901175530.jpg

蜈支洲岛のサンゴ礁

海南の気候条件と沿岸の利点は、マングローブの成長を非常に助長しています。統計によると、海南省のマングローブ湿地は4,700ヘクタールの面積を占め、国全体の約20%を占めています。海口市東寨港自然保護区は中国最大の面積を持つ海辺の森を有し、「海上森林公園」と呼ばれています。文昌自然保護区(国家湿地公園を含む)は、中国で最も自然に分布するマングローブ種の保護地域です。三亜鉄炉マングローブ自然保護区には、中国で最も古いマングローブ林があります。

カラフルなサンゴ礁は「海の熱帯雨林」と呼ばれています。専門家によると、サンゴ礁は海南島の沿岸地域に広く分布しており、140.04平方キロメートルの面積をカバーしています。その中には、文昌、瓊海、万寧、三亜、儋州、臨高に成熟したサンゴ礁があります。

微信图片_20210901175536.jpg

峨蔓湾の黒い岩礁

「海を伴う」、これは海南の沿岸地域の独特の文化です。たとえば、万寧市の華僑文化とコーヒー文化、瓊海市の潭門の潮干狩り文化、陵水リー族の疍家文化はすべて独特です。今は海洋文化の要素が豊富な灯台も人々の興味をそそります。統計によると、海南島には現在25の灯台があります。 1894年に建てられた臨高角灯台は、海南で最も古い灯台です。高さ72.12メートルの文昌しの木蘭頭灯台は、古くから「アジア一の灯台」として定評があります。2017年に建てられた三亜市の「シルクロードタワー」は、高さ105メートルで、中国で最も高いビーコン灯台です。

微信图片_20210901175533.jpg

儋州市の峨蔓湾

開発と環境保護の同時進行

資源の開発と利用は、生態学的環境を犠牲にしてはなりません。この目的のために、海南省は沿岸保護に関する法律と規制を公布しました。多くの国立自然保護区やその他の地域では、生態系の回復活動が実施されています。2020年、海南省の近岸海域の水質は全体的に改善された後、海洋生物多様性と生態系の構造は過去よりずっと安定しています。

今後、海南省は海岸線や海域の保護を強化し、環境保護による海洋資源の利用政策を推進し、海南省の発展に新たな活力を与えるために、国の海洋生態文明地域の構築に全力を尽くします。

1630318191948044025.jpg

昌江リー族自治県の棋子湾

出典:海南日报



返回顶部
Copyright Department of Tourism, Culture, Radio, Television and Sports of Hainan Province