日の·January / 8

天気 19℃~24℃

行こう!ヤノダ探険へ 

行こう!ヤノダ探険へ 

時間: 2019        場所: 海南

三亜市内から35キロ、車で約1時間、北緯18度に位置する所に中国で唯一の熱帯雨林 -呀諾達(ヤノダ)があります。「ヤノダ」は海南方言の形声語で、「一、二、三」を表す言葉です。では、一緒に「一、二、三」を数えてヤノダに足を運びましょう!


1.jpg


観光バスに乗って、曲がりくねった道を登ったら、10分もたたない内に最初の観光スポットに着きます。今年2月にオープンしたばかりの「ワアィル(*我爱你(大好き)の海南方言の形声語)」ガラス展望台です。

展望台からの眺めは素晴らしく、まるで雨林の頂上にいるような感じがします。眺める方向や角度が違うと見えてくる風景も違います。なお、足元のガラスは100%透明なので、下を向いて歩くには勇気が必要ですね。


2.jpg


展望台で景色を満喫できたら、もっとエキサイティングなアクティビティをしましょう!熱帯雨林のターザンロープ体験はいかがでしょうか。スタッフの指導で装備を準備できたら、出発台を離れ飛人のように谷間を通り抜けていきます。風の音がヒューヒュ―と聴こえ、生い茂っている熱帯雨林を足下にした瞬間、思わず叫びたくなるでしょう。そうであれば、我慢せずに、エキサイティングな感情を放ちましょう!


3.jpg


エキサイティングなターザンロープを体験した後は、雨林の神秘を探検しましょう。陽射しが、生い茂っている木々に遮られて、草木の香り満たされている雨林は、真夏でも爽やかさと涼しさが感じられます。なお、百年の古藤、千年のシダ、巨大な仙草霊芝、“冷血キラー”のウバスと熱帯雨林の六大奇観等、驚きが続く雨林探険になります。


4.jpg


桟道に沿って歩くと、まだまだ驚きが続きます。悠然とした野鳥や林間を駆け回る小型動物。木々からもれてくる太陽の光で、自然が与えてくれたそれらのモデルを、カメラに収めましょう。


5.jpg


次の探険スポットは、ヤノダの必見名所の1つ――夢幻谷。全長1200メートルの谷に落差が異なる滝が落ちていく景色は、周りの怪石、渓流、大きなガジュマル、熱帯広葉樹と一枚の美しい自然絵巻になっています。鳥の鳴き声が谷の中で響いており、心が落ち着く空間です。


6.jpg


滝遊びと水遊びのプログラムも設けられており、更に探険したい観光客のために、キャンピングサービスも提供しています。絵のような景色の自然景勝地でこのように探険ができるのはヤノダの独特な魅力ではないでしょうか。ヤノダに訪れる機会がありましたら、ぜひ探険してみましょう!

返回顶部
Copyright © 2019 Department of Tourism, Culture, Radio, Television and Sports of Hainan Province. All rights reserved. Developed by Elephant Parade