日の·January / 8

天気 19℃~24℃

四月特集:海南海湾の探索

四月特集:海南海湾の探索

時間: 2019年        場所: 海南

4月の海南、夏に入り始めてます

日差しで椰子の木の影が輝きを放っています

波で涼しさを感じてます

これから我々と共に、海南の美しいビーチを見てみましょう


 

1、亜龍湾

月を眺めながら波音を聴き、星空を見上げよう


shutterstock_180866042.jpg


三亜の亜龍湾は三亜市最も大切な宝物です。8キロの銀色のビーチは柔らかい沙で、道沿いには木が沢山並んでます。汚染のない透明の海水で種類豊富の珊瑚が育てられていて、珊瑚観賞も楽しいイベントでしょう。家族とここでテントを張り、ピクニックの後は夕日を待ちましょう。ここのビーチに座って、波音を聴きながら星空を見上げると、都会から離れたリラックスができるでしょう。



2、海棠湾

19キロの湾岸線を散歩しながら夕日を楽しもう


shutterstock_618919097.jpg


海棠湾は三亜の東北部にあります。ここは静かな所で、都会の忙しさが一切感じさせない所です。19キロの海棠湾岸線の景色は最高です。夕日がかかってる時は空全般が金色で、水面にできた影の美しさは幻とも言えます。日が暮れるにつれ、ビーチで散歩すれば、海が夕日でオレンジ色に染まっていく姿が見えます。遠くを見ると、雲まで綺麗なオレンジ色になってます。裸足で海の涼しさも感じましょう。全ての悩みも流されてるようです。

 


3、棋子湾

日光浴を楽しもう


shutterstock_1063353134.jpg


棋子湾は海南島西海岸域内、昌江西部にあります。ここはあまり開発されず現状のままです。ここの海底は平らのため、波も静かです。ビーチから200m離れても、海水の深さは胸以下です。銀色の砂浜と青い海面が一体化となってます。ここは天然の海水浴場と同時に、日光浴や砂浴するにも理想的な場所です。棋子湾の近くに淡水川もあり、水中には豊富なミネラルがあり、療養効果も期待されてます。疲れを取るにも、日光浴を楽しむにも絶好のチャンスです。



4、石梅湾

サーフボードに乗り、波を切る体験をしましょう


shutterstock_1066891124.jpg


石梅湾は海南東線高速の海南興隆出口にあります。石梅湾には最も原始的な南国海景色があります。ここは三面の山と一面の海に囲まれてます。ビーチの両端が海に延べ、二つの峰ができてます。石梅湾には沢山の椰子の木などの熱帯植物があります。白い砂浜、青い海、青い空と白い雲が絵となってます。ビーチの長さは7キロで、100mほどの所の水深は3m弱です。熱帯季節風で波ができ、深くない海水はサーフィン練習には最適です。サーフボードに乗り、自由に波を切る快感を味わいましょう。



5、三亜湾

海岸の都市を楽しみ、夜景を眺めましょう


shutterstock_1321321478.jpg


三亜湾で、海辺で夕日を見て、星空を見上げたあと、都会の夜景を楽しむのもいい選択肢かもしれません。三亜湾は三亜市のすぐ隣で、全長22キロあります。椰子の木が並んでるため、「椰林のギャラリー」とも呼ばれてます。夜になると、三亜湾の人工島のライトが海面に映り、自然景色と高層ビルと融合し、美しい海岸都市の絵になります。海岸で海鮮を味わって、海岸都市の光りの夜景を楽しんで、旅行都市の熱情と活力を感じましょう。


返回顶部
Copyright © 2019 Department of Tourism, Culture, Radio, Television and Sports of Hainan Province. All rights reserved. Developed by Elephant Parade