日の·January / 8

天気 19℃~24℃

夏の果実狩りにお出かけしよう!

夏の果実狩りにお出かけしよう!

時間: 2021        場所: 海南


夏が近づくにつれて、海南の各農場、果樹園の果物は季節に応じて成熟します。市民観光客は各農園や果樹園を訪れ、手摘みや田園風景、旬の果実を味わいます。

 

1629103058286089916.jpg

海口市秀英区永興鎮の火山ライチ

 澄邁県の大豊鎮、福山鎮、橋頭鎮などもライチ摘みのいいところです。5月下旬、澄邁県で「2021大豊鎮ライチと旅行」が行われ、レイシの摘み取りと田舎旅行を観光ルートに組み合せました。

4月末以降、ライチは徐々に成熟してきました。ライチ摘み取りは海口や澄邁などで行われています。海口市秀英区永興鎮にあるレイシの果樹園で、青い中に赤いレイシが枝にいっぱいに掛かっています。観光客たちはかごとはさみを持って果樹の間でライチを摘みます。

1629103248003026574.jpg

永興鎮の火山ライチ王」

ワンピといえば、一番有名なのは儋州市大成鎮南吉村のワンピです。南吉村は熱帯季節風気候で、ワンピの生育に適しています。昔から、南吉の村民は自宅でワンピを栽培した歴史があります。南吉村には百年以上のワンピの木があるので、百年ワンピ園」と呼ばれています。毎年6月になると、村はとてもにぎやかで、観光客が続々と黄皮を摘みに来ます。    

また、観光客はワンピを摘むだけでなく、喉が渇いたらワンピのお茶を飲み、空腹なら「ワンピ鶏」を味わうことができます。ワンピはワンピの葉を原料として、78つの調理工程を経て、ゆっくりと蒸した鶏肉料理です。ワンピ鶏の肉は柔らかくて、すがすがしい香りがして、食べたら味わいが尽きません。

1630914188612021171.jpg

海南ワンピ

桑の実は桑の木の実で、毎年4月から6月にかけて成熟し、甘酸っぱくてジューシーで栄養価の高い果物です。乾燥や蒸しで食べることができ、果実酒を作るためにも使えます。三亜市の大茅遠洋生態村は桑の実の園を迷宮にして、観光客に果実摘みの楽しみを体験させます。さらに、さまざまな年齢の観光客を満足させることができる拡張プロジェクトがあります。

1629103815322032233.jpg

桑の実 三亜市の大茅遠洋生態村より引用』

白沙リー族自治県の栄邦郷は熱帯モンスーン気候で、ため、常に高温多雨で、日当たりがよく、年間日照時間は2,000時間以上で、降雨量も豊富です。白砂のスター商品として、栄邦の「黄金百香果」は甘みとジューシーで、風味が強く、味も最高で、消費者に人気があります。

 

1630910937537008052.jpg

粗塩レモネード画像はネットから取得

暑い夏、冷たい飲み物は多くの人の暑気払い「神器」です。海南では、冷たい粗塩フルーツウォーターが好まれています。粗塩フルーツウォーターの作り方は複雑ではありません。新鮮な果物を小さく切って容器に入れてつぶして、適量の粗塩と氷を入れて飲むことができます。一口で飲むと、冷たくて塩辛く、果肉も食べられ、味覚も大満足です。 海南人は果物の特性によってさまざまな果物料理を作ります。

 出典:海南日报


返回顶部
Copyright Department of Tourism, Culture, Radio, Television and Sports of Hainan Province